経済的負担から考えるオリジナルTシャツ作成における相場

所属しているグループのイベントや、子供が産まれた時などの家庭の中での出来事は、何か記念になる物を作ると思い出が残り、後で見ると楽しく思いだされます。オリジナルTシャツはその記念グッズには最適です。オリジナルTシャツはTシャツにプリントするのですが、Tシャツの素材や生地により、価格に違いが出ます。普通は枚数が多ければ多いほどお得になります。11枚以上や30枚、70枚など、依頼する業者により安くなる枚数に違いがあります。大人数のグループなら沢山作っても困りませんが、家族で記念に作る場合だと、11枚以上を目安にすると、10枚までに比べると割引率が大きくなります。その他費用で違いが出るのは、印刷のカラーが何色か、プリントする範囲の大きさの違いや転写や印刷方法による違いがあります。

Tシャツの価格の違いは仕上がりの価格の違いに比例する

Tシャツと言えば、半袖のイメージです。オリジナルTシャツを作成する場合も例外ではなく、半袖Tシャツが一般的です。でもオリジナルTシャツの業者のサイトでは、半袖だけでなく、長袖Tシャツやトレーナー、パーカーなど、色々な種類を選ぶことができます。どのタイプも定価の半額程度に値段を抑えていて、Tシャツの印刷料金を払っても、依頼しやすい値段設定です。例えば、半袖のTシャツは1枚500円前後ぐらいです。もちろん品質の良いものはもっと高いものもありますが、販売用のTシャツを作成する人でなければ、リーズナブルな価格のTシャツを選ぶと、費用があまり高額にならなくても、オリジナルTシャツを作ることができます。長袖のTシャツにしたいという人は、1枚の値段を1000円から2000円ぐらいと考えておきましょう。

一番経済的負担が少ない印刷方法は単色で一か所の印刷

一般的に色をたくさん使うと、本などの印刷は価格が高くなります。Tシャツも同じなので、費用をおさえたいのなら、胸元などの1か所にオリジナルでデザインしたロゴなどを印刷する方法が一番費用もかかりません。印刷の料金もオリジナルTシャツ1枚の値段で増えていくので、枚数が多くなる分割引などで安くはなりますが、全体の金額は枚数が増えるほど高くなります。写真をフルカラーで転写して作成する場合は、製版をしないので、1枚作りたいと思う時にも対応できる方法です。その場合はTシャツの料金と転写シートの代金が必要です。家族の記念として製作したいのなら、この転写の方法で写真をプリントしたオリジナルTシャツの製作が向いているでしょう。オリジナルTシャツを販売する目的での作成なら、まず単色でできるTシャツを作ると価格を抑えることができ、単価を安くするために、無駄に多くの枚数を作成する必要がなくなります。