HOTな情報満載!お葬式専門のサイトといえば安くて安心出来るお葬式 ~葬儀社比較ランキング~ 

TOP > コラム > お葬式に向けて準備しておくべきこと

お葬式に向けて準備しておくべきこと

お葬式に対する準備はお金と衣装と臨機応変と



 お葬式を行うためには様々な準備を必要とします。まずは故人が無くなると葬儀社に依頼をしなければなりません。というのは現代社会では葬儀社なく葬儀を行うことが事実上の不可能だからです。
 葬儀社は依頼を受けると寝台車で遺体を葬儀会場まで搬送すること、霊柩車で火葬場まで搬送すること、さらに死亡証明書を代行で行政役場まで取得手続きを行うなどをするからです。

 葬儀社に依頼した後はプランの詳細を決めることをしなければなりません。プランの詳細では祭壇に飾る棺桶の種類、お花のグレードなど様々となります。
 このプラン作成の打ち合わせではスタッフから霊柩車や火葬場利用料、さらに火葬場や霊柩車職員への心づけと称したチップに相当する現金の用意も指示されることになります。

 火葬場や霊柩車手配は葬儀社のスタッフが行うことになります。さらにお通夜と告別式の祭壇上には故人の写真が掲げられることになります。
 そのため故人の生前の写真も探す必要に迫られます。



 次はお寺の依頼をしなければなりません。
 お寺は家族代々がお世話になってるところが基本ですが、それさえ決まってない場合は自分で即断することが要求されます。
 この際に葬儀社は無用な関係とトラブルを避けるため基本ノータッチとなります。
 このお寺と葬儀社の2つが合致して初めてお通夜と告別式の日程が決まることになります。
 日程が決まると今度は近親者にそれを連絡することをしなければなりません。近親者に連絡して参列する人の数が決まると、参列した人に対する返礼品とお料理の数、火葬場まで行くバスの人数などをスタッフに連絡する必要があります。

 さらにお通夜や告別式で儀式の最後に喪主自らの挨拶がなされる場合があります。その際に言葉に詰まらないようにするための対策も欠かせません。



 お通夜と告別式が決まると今度は衣装の用意もしなければなりません。
 衣装は喪服が基本となりますが、幼児や子供などは喪服がないため、真っ黒で地味な衣装を探さなければなりません。
 また大人は数珠も忘れないようにしなければなりません。
同時に故人の自宅では祭壇があるならば祭壇の用意も行う必要があります。
 その際は掛け軸を取り換え、祭壇には白あるいは銀色のカバーを表面にして設置しなければなりません。
 カバーで朱色が表面になるのは四十九日が終わってからとなりますので間違えないようにしなければなりません。
 なお最近は終活と称して自分で生前に決めていく活動が普及しつつありますが、その際は後世世代との間でトラブルが生じないように情報を共有する行動も要求されることになります。

次の記事へ

カテゴリー