HOTな情報満載!お葬式専門のサイトといえば安くて安心出来るお葬式 ~葬儀社比較ランキング~ 

TOP > コラム > お葬式は目立たず、ひっそり参列

お葬式は目立たず、ひっそり参列

結婚式などは、お友達や親戚などのハレの舞台ですから、自分もそれなりに着飾って、会場に華を添えてあげた方が、場も華やぎますから断然に良いでしょう。
ドレスコードを守って、なるべくオシャレして、お祝いしてあげましょう。
沢山の中から、そんなあなたを見初めて、素敵だったと言ってくれる素敵な殿方ももしかしたら出てくるかもしれません。
とは言え、全く真逆のお葬式に関しては、目立たずひっそりと故人を偲んだ方が、遺族からも随分評価が高いです。
変に目立って悪あがきしては、生前の関係性なども疑われてしまうかも知れません。
なるべくお化粧なども、薄化粧で、アクセサリーもノーアクセでも全く問題ないです。
むしろ清々しいかも知れません。
してもパールのネックレスなどに留める様にしておきましょう。
質素なスタイルこそが、お葬式の美学です。



お葬式に参列するときの大切なマナー

お葬式に参列するときは、マナーに沿ったふるまいが大切です。
いざというときのために覚えておくと、慌てずに対応できるでしょう。
服装は派手なデザインや色味のものは避けるのが基本です。
急いで駆け付ける通夜の場合は黒色という決まりはなく、地味な印象の平服でも大丈夫ですが、告別式に参列するときは喪服の着用がマナーとなっています。
靴やネクタイ、ストッキングは光沢のあるものは避け、黒色で統一します。
女性のアクセサリーは結婚指輪とパールのみはOKです。
ネックレスを着ける場合は不幸が重なるという意味がある二連のものを避けるようにしましょう。
メイクやマニキュアも控えめにし、派手なネイルは落としておくようにします。
雨天時の傘や冬場のコートも派手な色味は避け、黒や紺、グレーなど地味な色のものを選びましょう。
殺生を意味する毛皮や革の素材のコートはお葬式ではタブーとなっています。



突然やってくるお葬式でも心配いらずです

人生の中で冠婚葬祭は多々あれど、お葬式だけは前もって行われる日が分からないイベントですから、突然やってきて、慌てふためく、という事も多々あることでしょう。
自分が参列する側の場合はまだよいとしても、自分のご家族の葬儀の場合は更に慌ててしまいます。
何分、普段したことがないイベントですから、何ををどうしていいことやら、手順が分からずマゴマゴしてしまう事もあるでしょう。
故人を送り出す大切な式ですから、マゴマゴしている場合ではありませんが、やはり経験や知識がないので不安に感じるのが当たり前です。
そこで 是非突然やってくるお葬式に、まごつくことなく、きちんと式を執り行って、故人を立派に送り出す為に、ご生前農地からある程度葬儀店とお話し合いをしておくのが昨今の賢い方法となっています。
葬儀店をみつけ、どんなお葬式を執り行いたいか、などご希望を伝え、今のうちから準備しておくと、いざという時にまごつく事無く、満足のいく葬儀を執り行う事が出来るはずです。

次の記事へ

カテゴリー