HOTな情報満載!お葬式専門のサイトといえば安くて安心出来るお葬式 ~葬儀社比較ランキング~ 

TOP > コラム > 種類で変わるお葬式の費用について

種類で変わるお葬式の費用について

お葬式の費用は種類で変わる



 喪主となってお葬式を行う場合なら、依頼する業者をきちんと決めることが肝心です。
 費用は業者ごとで違うため、無駄な出費をしないためにも大切なことです。そして、葬儀の種類もしっかり選ぶようにしましょう。

 葬儀費用は種類で変わることが一般的ですから、予算とも大きく関わってきます。このサイトでは数々のお葬式の種類が掲載されていますので、それぞれの内容や大まかな値段を比較できるようになっています。
 どんな種類があるか、種類によって値段がどれぐらい変わるかなど、この比較サイトを使って入念にチェックすることがおすすめです。



 一般的な葬儀では通夜や告別式を行い、たくさんの花が飾られた花祭壇を用意します。
 会館の使用料や、参列者向けに送迎用のバスなどを手配した場合では総額も異なってきますから、十分検討しましょう。
 さらに返礼品をはじめ、通夜や告別式で料理を用意する場合は、メニュー内容によっても値段が違いますから、しっかり内容を吟味する必要があります。自宅葬なら会館利用料などが不要になりますが、準備や後片づけが大変になることも珍しくありません。
 場合により、準備料金がオプションとして別途必要になることも多々あります。そこで、自宅葬は大変という時は、寺院葬に着目してみると良いでしょう。

 また、宗派によりましては教会での葬儀も大抵可能ですので、必要に応じて検討してみて下さい。一方、できるだけ予算を抑えたいなら、小規模葬などの種類が適しています。
 一般的な葬儀と同様に通夜や告別式を行いますが、参列人数が数人から30人前後など、比較的少数の場合にピッタリな種類です。



 もしも経済的な負担を最小限に抑えた葬儀を希望する場合は、密葬という種類が最適です。
 これは炉前密葬、あるいは火葬式など業者によって名称が異なる場合もありますが、通夜と告別式を省いた葬儀です。それらの会場を用意する必要がなく、斎場の炉前でお別れを執り行いますので、値段的にも格安で行える種類になっています。

 密葬は早ければ数時間で終わるため、ほかの葬儀に比べて短い時間のお別れになります。
 しかし、ごく親しい身内だけで行いますから、他人に何ら気兼ねなく、内容的には濃いお別れができることが特徴です。核家族化が進む現代ではこの葬儀を行うご家族も増えていますので、家族が中心になった葬儀を行いたい時には検討する価値があります。
 そして、密葬は身内だけで行う葬儀ですから、参列者の選定や呼びかけに迷う必要がないこともメリットです。

 このサイトではそれらをはじめ、各種葬儀の種類を比較検討できますので、上手に活用したうえで、予算と希望に合わせた葬儀を計画することが肝要です。

カテゴリー